CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
政策評価研究会報告書12月4日
 12月4日に秋田市アルヴェで行われた政策評価研究会の特別研修会の報告書です。↓
https://dewadeha.googlegroups.com/web/%E6%94%BF%E7%AD%96%E8%A9%95%E4%BE%A1NL20101210r6.pdf?hl=ja&gda=sCi2bWcAAABQ01Quuxs74gJMjlRwTCXf6PQwBOZJLlduv8mqLroXrKI2fAoiTS1Om_OnGuQRnPQ6FZAQnZPPEK-YMVZjDHkZy4RNlgUIaOertWVi0wzL3mGasxHe4a-8-vTU-iH7XTF5Xh26_qkMwaGGFl2NCU0D
| ニュース | 07:07 | comments(0) | - |
自殺率15年連続全国最悪 秋田県

 
昨年 出生率もワースト1位

 厚生労働省が発表した2009年の人口動態統計によると、秋田県の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は38・1と、前年に比べ1・0ポイント増え、15年連続で全国ワースト1位となった。全国平均は24・4だった。

 本県の自殺者数は6人増の416人。県では、市町村や民間団体などと自殺予防の取り組みを進めており、07、08年は改善されたが、09年は3年ぶりに上昇に転じた。県は「厳しい雇用・経済情勢の中、上昇する可能性があると思っていたが、自殺予防に力を入れてきただけに残念」としている。

 自殺率以外の統計では、出生率が15年連続、婚姻率が10年連続、がんの死亡率が13年連続で、それぞれ全国ワースト1位だった。

 出生数は7013人で408人減り、人口1000人当たりの出生率は6・4となった。1人の女性が生涯に産む子供の数を示す「合計特殊出生率」は1・29で、全国37位。婚姻数は4364組で191組減り、婚姻率(人口1000人当たりの婚姻数)は0・1ポイント減の4・0だった。

 がんの死亡者数は78人増の4007人で、がんの死亡率(人口10万人当たりの死亡者数)は366・6だった。

(2010年6月10日  読売新聞)

| ニュース | 06:45 | comments(0) | - |
矢島駅「おばこ箱販売」
 

手作り漬物で鉄道応援

由利高原鉄道・矢島駅 「おばこ箱」販売

かわいいデザインの「おばこ箱」を手にする佐藤さん(矢島駅売店で)

 由利本荘市内を走る由利高原鉄道・鳥海山ろく線(全長23キロ)の矢島駅で今月から、同鉄道の車両「おばこ号」をデザインした土産品「おばこ箱」が販売されている。箱の中身は手作りの漬物や菓子などで、地元の団体とともに商品開発を手がけた矢島駅売店勤務の佐藤まつ子さん(63)は「鉄道がこれからもずっと残ってくれるよう思いを込めた」と話している。

 おばこ箱には、同鉄道応援大使を務める佐藤さんが自ら漬けた大根に塩漬けの桜の花を添えた「桜かをり千枚漬」や、障害者やその親でつくる団体「はたちの会」(由利本荘市)が作ったクッキー、まんじゅうなどが入っている。

 季節によって千枚漬けがいぶりがっこになったり、まんじゅうがせんべいになったりと「手作りならではのお楽しみもある」(佐藤さん)という。

 「おばこ号」が描かれた絵はがきか、鉛筆のいずれかも入っている。鉛筆は、地元の市立矢島中学校で1970年〜90年頃、誕生日の生徒に校長がプレゼントしていたものの復刻版で、「よく生きよ 生きて生きて生き抜け」のメッセージ入り。「懐かしい!」と歓喜しておばこ箱を買っていく卒業生もいるという。

 「お買い得ですよ。私たちの利益はほとんどなし」と佐藤さん。「鉄道に興味を持ち、ファンになってもらうきっかけになればうれしい」と目を細めた。

 1箱1000円。矢島駅売店のほか、団体客が乗車する日は列車内でも販売する。

2010年5月23日  読売新聞)
| ニュース | 05:25 | comments(0) | - |
地域協議会 傍聴できますよ
第2回地域協議会が開催されます。
傍聴できます。 


各地域協議会の日程

本荘:11月10日(火) 午後2時〜 本荘由利広域行政センター「学習ホール」(由利本荘市役所隣)
由利:10月26日(月)PM3時〜、善隣館「ホール」

西目:10月30日(金)PM3時〜、シーガル「講堂」

東由利:11月4日(水)PM1時30分〜、総合支所「2階3・4・5会議室」

岩城:11月5日(木)PM1時30分〜、岩城会館「日本海の間」

矢島:11月6日(金)PM〜(時間未定)、日新館

大内:11月17日(火)PM1時30分〜、農村環境改善センター

鳥海:未定

 

連絡先は、

本荘:企画調整課(24−6231)袴田・高橋まで

その他:各総合支所振興課 地域協議会担当者まで

| ニュース | 07:49 | comments(0) | - |
菜の花、残雪の鳥海山彩る 県内19地点で夏日
菜の花、残雪の鳥海山彩る 県内19地点で夏日

 由利本荘市矢島町の畑で昨秋に種をまいた菜の花が咲き誇っている。好天に恵まれた28日も、残雪の鳥海山に彩りを添えていた。

 黄色いじゅうたんのような景観が広がっているのは、南由利原高原近くの同市矢島町城内の桃野地区。NPO法人あきた菜の花ネットワークが、作付けされていない畑約3ヘクタールを市から借り受け、試験的に栽培。高原であるため、平地より1週間ほど遅い今月中旬になって見ごろを迎えた。

 28日の県内は高気圧に覆われ、由利本荘市矢島町で今年最高の26・9度を観測。大館市で28・3度、北秋田市鷹巣で28・2度など、26観測地点のうち19地点で夏日となった。

(2009/05/28 22:05 更新)
| ニュース | 06:10 | comments(0) | - |
「釣りキチ三平号」運行
「釣りキチ三平号」運行
由利高原鉄道 19日から2年間

釣りキチ三平号の記念乗車券  県内各地で撮影が行われた映画「釣りキチ三平」が20日から全国で公開されるのに合わせて映画をPRしようと、由利本荘市の第3セクター・由利高原鉄道は19日から、列車の側面に映画の主人公・三平が描かれた「釣りキチ三平号」の運行を始める。

 同鉄道は、由利本荘市鳥海町百宅の「法体の滝」で映画のロケが行われたことを機に、三平号を運行することにした。羽後本荘―矢島駅間の沿線の近くを流れる子吉川では、アユ釣りを楽しむことができることから、所有する6車両のうち1車両に、三平がアユ釣りを楽しむ絵を施す。

 運行期間は2年間。三平号の乗車券は、16日から発売を開始。1枚1160円(往復)で、乗車後2日間有効。

 同鉄道では「矢島駅から足を伸ばすと映画のロケ地にも行ける。ゆっくり走る電車に乗って、鳥海山の雄大な景色を楽しんでほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは同鉄道(0184・56・2736)へ。

(2009年3月11日 読売新聞)
| ニュース | 07:02 | comments(0) | - |
公立高入試、国語リスニング導入
公立高入試、国語リスニング導入

県、2010年から 生徒の「聞く力」試す

 県は2010年3月の公立高校入試から、国語にリスニング問題を導入することを決めた。生徒の「聞く力」を試すのが狙いで、従来の試験時間(55分)の中で実施し、校内放送でCDを流す形式を取る。

 文部科学省によると、すでに国語リスニングを実施しているのは、青森、千葉、奈良、岡山、島根、山口、佐賀、鹿児島、沖縄の計9県。全国で初めて国語リスニングを導入した青森県の公立高入試では、日本語の音声で流れる説明文や会話文を聞き、話のテーマを要約して記述したり、話の内容を選択肢から選んだりする。

 県高校教育課は「他県の例を参考にしながら、今後具体的な中身を詰めたい」としている。

(2009年2月6日 読売新聞)
| ニュース | 07:30 | comments(0) | - |
足立区、NPOへ寄付で定額給付金を住民税控除
足立区、NPOへ寄付で定額給付金を住民税控除

NPOWEBから

 東京都足立区は、定額給付金を、区の基金を通じて、NPO法人や社会福祉法人などへ寄付した場合、一定の金額を住民税から控除(差し引く)制度を設ける方針を明らかにした。3月の定例議会で、提案する予定だ。

 定額給付金は、総額2兆円規模で、1人1万2千円、18歳以下の子どもと、65歳以上の高齢者には、さらに8000円が上乗せされることになっている。
この定額給付金を盛り込んだ第二次補正予算案は、13日の衆議院本会議で可決された。早ければ1月中にも成立する見込みだ。

 足立区では、区民が、この定額給付金を、区が設立する基金を通じて、NPO法人、社会福祉法人、公益法人、環境や教育などの分野で活動する団体等に寄付をした場合、一定の金額を住民税から控除(差し引く)ことができる制度を設け、区民に、寄付を呼び掛けていくことを明らかにした。昨年末、NHKニュースで公表された。

 具体的には、区で基金を設立し、区民が、この基金に寄付した場合は、区に寄付したものとみなして、住民税を一定の金額まで控除できるようにする仕組みを創設する。そして、この基金から、NPO法人や社会福祉法人、その他の公益団体に、助成をするというものとなる予定だ。区民が、寄付先の団体を指定できるようにもしたいとしている。
 同じような基金の仕組みは、杉並区や新宿区などですでに実施されているが、定額給付金を対象としようというものは、足立区によると、他にはまだないということ。

 定額給付金自体は、所得税、住民税とも、非課税とする方針を、政府は昨年末決定した「税制改正の大綱」で示している。
 そのため、厳密にいえば、定額給付金それ自体が寄付控除の対象となることはないが、足立区としては、なんらかの仕組みをつくり、定額給付金に相当するような金額を住民税控除の対象となることがわかるようにするなどしていきたいとしている。今後、制度の設計を詰めていき、3月の区議会で成立を図りたい考えだ。

 足立区の近藤弥生区長は、NHKの取材に対し、「給付金を一つのきっかけとして新たな寄付金制度の仕組みを作り、社会貢献につながる活用方法を検討したい」と語った。
 また、足立区の担当者は、「米国では、NPOが寄付で自立的に活動している。このような制度で、日本でも、NPOが自立して活動できるよう、寄付文化が確立するきっかけとなるといいと考えている」と述べている。

 NPOの側でも、「定額給付金で寄付を」と呼び掛ける動きがはじまっており、今後、自治体やNPOなどで、定額給付金の使い道を、NPO活動に活用する提案が増えてくると思われる。


| ニュース | 06:13 | comments(0) | - |
市議報酬引き下げ案上程 にかほ市議会
市議報酬引き下げ案上程 にかほ市議会

 にかほ市の12月定例会が4日開会し、市民団体「にかほ市を良くする会」(国松東一郎代表)が直接請求した、市議報酬を引き下げる条例改正案が上程された。19日に採決される見通し。

 横山忠長市長は「さらに多くの署名を持って再度の条例改正請求がなされたことは議員の報酬額引き上げに反対する多くの市民の声の表れ。私は重く受け止めなければならないと考えている。議会には慎重にご審議の上、判断頂きたい」と提案理由を述べた。

 国松代表は直接請求者の意見陳述で、「議員が言う『よそに比べて低い』というのは引き上げの根拠にはならず、問題外。市民は苦しんでいるのに議員だけ報酬が上がればいいのか。市民は怒っている」と語った。さらに臨時議会でなく定例会で条例改正案が上程されたことに「なぜ採決を引き延ばすのか」と話した。

 同会のメンバーら約40人も傍聴。本会議後、議場を出る議員たちに国松代表らが「なぜ今日採決できないんだ」「これで今日一日終わりか。それで報酬か」と声を荒らげる場面もあり、議場は一時騒然となった。

 12月定例会には2億4960万円の一般会計補正予算案など計11議案が提出された。一般質問は8〜10日、会期は19日まで。

(2008年12月5日 読売新聞)
| ニュース | 07:38 | comments(0) | - |
公益法人制度3法施行でNPO法も改正
公益法人制度3法施行でNPO法も改正
NPOWEBから

12月1日公益法人制度改革3法が施行された。それに伴い、特定非営利活動促進法も一部改正され、同日より施行された。

 公益法人制度改革によって、12月1日からは、剰余金の分配を目的としない社団及び財団は、その行う事業の公益性の有無にかかわらず、準則主義(登記)により簡便に法人格を取得することができる「一般社団法人」及び「一般財団法人」となることになった。

 そして、「一般社団法人」及び「一般財団法人」のうち、公益性が認定された法人については、「公益社団法人」、「公益財団法人」として税制上の優遇措置が講じられる。

 この公益性の認定は、昨年4月1日に内閣府に設置された「公益認定等委員会」、または各都道府県に設置される「合議制の機関」が行うとされている。

 公益法人制度改革3法が施行されたことに伴い、特定非営利活動促進法(NPO法)も一部改正され、同日より施行された。

 NPO法の主な改正点は以下のとおり。

1.民法改正に伴う促進法への直接規定
今回の法改正により、第30条及び第40条において準用していた民法の規定は、概ねそのまま改正法内に規定された。また、条文中に民法の準用が規定されている部分についても、文言の変更等が行われた。

2.「電磁的方法」の追加
改正法第14条の7において、改正前の法第30条で準用していた旧民法第65条の内容に加え、新たに第3項として電磁的方法による表決が規定された。また、同法施行規則を改正し、電磁的方法の具体的な内容を規定。これにより、定款で定めることにより、書面による表決に代えて、1)電子メールやインターネット等の電気通信回線を通じる方法や、2)フロッピーディスクやCD等の交付による表決ができるようになった。

3.非訟事件手続法改正に伴う促進法への直接規定
新しい公益法人制度の関連法の制定に伴う非訟事件手続法改正により、従来非訟事件手続法の一部とされていた内容が、特定非営利活動促進法に規定された。

 改正後の条文は、内閣府サイト内、下記に掲載されている。
http://www.npo-homepage.go.jp/about/kaisei_201201.html


| ニュース | 05:51 | comments(0) | - |
| 1/15PAGES | >>