CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
農作業死亡事故 矢島町
 

男性がトラクター下敷き死亡 由利本荘市矢島町で農作業中に

 25日午前6時20分ごろ、由利本荘市矢島町荒沢の水田脇の草地で、同市矢島町荒沢、農業松田清和さん(66)がトラクターの下敷きになっているのを近くにいた妻が見つけ、119番した。

 松田さんは市内の病院に運ばれ、約2時間半後に死亡した。胸部圧迫による窒息死だった。

 由利本荘署によると、松田さんは、トラクターをあぜ道から市道にバックで出そうとして運転を誤り、市道脇の約1・5メートル下の草地にトラクターごと転落した。

| 秋田さきがけ新聞 | 04:42 | comments(0) | - |
菜の花フェス 矢島町桃野
 

県内17カ所で「夏日」観測 鳥海高原は菜の花満開

※写真クリックで拡大表示します
鳥海山をバックに菜の花が一面に広がる鳥海高原のまつり会場

 県内は22日、高気圧に覆われて朝から全域で晴れ渡り、汗ばむ陽気となった。秋田地方気象台によると、観測所26カ所のうち17カ所で最高気温が25度を上回り、夏日となった。

 各地の最高気温は▽東由利27・4度▽角館、大曲、横手26・9度▽秋田24・6度—など。平年を3〜7度ほど上回り、ほとんどの地域で7月上旬〜中旬並みの気温となった。

 同日、菜の花まつりが始まった由利本荘市矢島町の鳥海高原も汗ばむほどの暑さに。会場を訪れた人たちは、残雪の鳥海山を眺めながら黄色に染まった菜の花畑で散策を楽しんでいた。まつりは23日まで。

| 秋田さきがけ新聞 | 05:29 | comments(0) | - |
サクラマスに漁業権
 

サクラマス釣り県内3水系で有料に 漁業権を設定、6月に解禁

 米代、雄物、子吉の県内3大河川の水系で禁漁期間を除けば無料で釣ることができたサクラマスに、漁業権が設定されることになった。

 増殖による資源の継続利用と保護を図るのが狙い。県内水面漁場管理委員会(赤間健太郎会長)が県の諮問を受けてこのほど答申した。これにより、釣り人は6月1日の解禁から1日3500円、年間1万5千円の遊漁料が必要になる。

 3水系はサクラマスの魚影が濃いことで知られ、毎年全国から大勢の釣りファンが詰め掛ける。ただ、既に漁業権が設定されているのは自前のふ化場で増殖に取り組んできた阿仁川漁協(米代川水系)の管理区域のみで、ほかの河川ではすべて無料で釣ることができた。

| 秋田さきがけ新聞 | 07:26 | comments(0) | - |
こいのぼり  由利高原鉄道
 

コイ彩る5月の沿線、由利高原鉄道 10メートルの“大物”も

※写真クリックで拡大表示します
全長10メートルのこいのぼりがお目見えした矢島駅構内

 由利高原鉄道(由利本荘市、大井永吉社長)の開業25周年を記念して、沿線15カ所にこいのぼりを泳がせる事業が1日始まる。沿線住民らでつくる実行協議会(正木正会長)が、県内外から寄せられたこいのぼり約250匹を設置。矢島駅には全長10メートルの“大物”がお目見えした。

 設置場所は、鳥海山ろく線の全12駅周辺と、走行中の列車から見ることができる旧鮎川小、西滝沢水辺プラザ、由利小の3カ所。期間は来月30日まで。

 矢島駅には、宝船が描かれた全長10メートルのマゴイがお目見え。利用客らが足を止めて見上げていた。

 同鉄道は期間中、車内をこいのぼりで飾った特別企画列車「こいのぼり列車」を運行。5、15日は小学生以下の運賃を無料にする。

| 秋田さきがけ新聞 | 05:16 | comments(0) | - |
鳥海山矢島口 山開き
 

鳥海山矢島口の祓川で山開き 観光客の安全と無事故を祈る

※写真クリックで拡大表示します
テープカットを行った鳥海山矢島口の山開き

 鳥海山(2236メートル)矢島口の山開きが23日、5合目の祓川(はらいかわ)ヒュッテ前で行われ、関係者が観光シーズン入りした山の安全を祈願した。

 由利本荘市、市観光協会、矢島山岳会などから約60人が出席。神事に続いてテープカットを行った。主催者を代表し、藤原由美子副市長が「たくさんの人にスキーや登山など多様な鳥海山の魅力を楽しんでほしい。観光客の安全と無事故を願っている」とあいさつした。

 市矢島総合支所によると、ヒュッテ周辺の積雪は約3メートルと平年より少なめ。この日は小雨で、山頂部は厚い霧に覆われ姿は見えなかった。安全祈願の後、登山客が山頂まで安全に登ることができるよう、山岳会のメンバーが登山ルートとなる雪の上に道しるべとなる赤と白のポールを立てていった。

| 秋田さきがけ新聞 | 06:18 | comments(0) | - |
矢島桃野 菜の花フェスティバル
 

ロールケーキのスポンジに菜種油 味は3種、鳥海高原で来月販売

※写真クリックで拡大表示します
菜の花まつりで販売される3種類の菜の花ロール

 来月22、23の両日に由利本荘市矢島町の鳥海高原桃野地区で開かれる菜の花まつりで、県産菜種油をPRするために開発されたロールケーキ「菜の花ロール」が販売される。まつりは、県立大やNPO法人あきた菜の花ネットワークなどでつくる実行委員会(鈴木幸夫会長)の主催。

 ケーキ作りは、NPO法人あきた菜の花ネットワーク理事で料理研究家の米本かおりさんが、昨年4月に会員から打診を受けたのがきっかけ。米本さんが代表を務めるワイズキッチン(秋田市)で、バニラ味、抹茶味、ハーブコーヒー(ノンカフェイン)味の3種類のレシピを考案した。

 このレシピを基に、由利本荘市西目町の観光農園「ハーブワールドAKITA」がケーキを作った。スポンジ部分に菜種油を使っており、米本さんは「香ばしさが漂う力強いケーキに仕上がった。黄色いスポンジ部分は菜の花と西目の太陽の色をイメージした」と話している。

 同農園でも販売しており、ゴールデンウイークまでは1カット280円(通常320円)、1ロール1260円。桃野地区で栽培した菜種からも油を搾り、ケーキに使っていくという。

| 秋田さきがけ新聞 | 06:56 | comments(0) | - |
鳥海町百宅で死亡事故

 由利本荘市で衝突事故 仙台の男性死亡

 20日午後1時50分ごろ、由利本荘市鳥海町百宅の市道で、仙台市太白区砂押南町、会社役員佐藤敏宏さん(43)のバイクと、由利本荘市石脇、自営業佐々木望さん(50)の軽乗用車が正面衝突した。佐藤さんは同市内の病院に運ばれたが、約10時間後に頚椎(けいつい)損傷などで死亡した。佐々木さんと同乗者の母親、おいの3人に、けがはなかった。

 由利本荘署によると、佐藤さんは同市鳥海町方向から同市矢島町方向へ走行中、片側1車線の左急カーブを曲がり切れずに対向車線に進入、急ブレーキをかけたが佐々木さんの車と衝突したとみられる。

 佐藤さんはバイク仲間3人と同市鳥海町の法体の滝を観光した帰り、佐々木さんらは法体の滝に向かう途中だった。

 

| 秋田さきがけ新聞 | 17:42 | comments(0) | - |
フォレスタ鳥海で温泉掘削

 新たな源泉狙い、掘削作業始まる 由利本荘市

フォレスタ鳥海(奥)の駐車場脇の掘削現場で行われた安全祈願祭
 由利本荘市は19日、同市鳥海町猿倉のリゾートホテル「フォレスタ鳥海」駐車場脇の市有地で温泉井の掘削作業を始めた。フォレスタ鳥海と、その近くにある休養宿泊施設「鳥海荘」に温泉を供給する新たな源泉を掘り当てるのが目的。掘削現場では同日、安全祈願祭が行われた。

 高さ約30メートルのやぐらが立つ現場で行われた安全祈願祭には、市や工事関係者約60人が出席。神事に続き、長谷部誠市長らが起動スイッチを押して掘削機を稼働させた。

 市によると、2施設が供給を受けている温泉の源泉は、旧鳥海町が1990年に同町猿倉に掘削した「猿倉温泉2号井」。現時点で湯量は確保できているが、当初毎分700リットルを超えていた湯量が2007年には毎分160リットル(推定)にまで減少した。

 

| 秋田さきがけ新聞 | 17:35 | comments(0) | - |
鳥海山観光で自動車事故

 車が路外に横転、青森の女性死亡 にかほ市の市道


 14日午後5時50分ごろ、にかほ市平沢字石高沢の市道で、青森県八戸市青葉、無職福岡一郎さん(74)の乗用車が路外にはみ出し横転、後部右座席に乗っていた妻栄子さん(72)が由利本荘市内の病院に運ばれたが、外傷性ショックで約3時間15分後に死亡した。福岡さんと後部左座席に乗っていた長男(40)に、けがはなかった。

 にかほ署によると、福岡さんの車は由利本荘市矢島町方向から、にかほ市平沢方向へ走行中、下りの右カーブで道路の左側にはみ出して横転、路肩から1・5メートル下で逆さまになった。

 現場は幅約4メートルの中央線のないカーブ。3人は鳥海山観光でドライブに来ていた。同署が事故原因を調べている。

 

| 秋田さきがけ新聞 | 05:57 | comments(0) | - |
中学野球東北予選 矢島は敗れる
潟西が初戦突破、中学野球東北予選 矢島は敗れる  第31回全国中学校軟式野球大会東北予選会は8日、東北各県予選を勝ち抜いた12校が出場し、青森市で開幕。初日は1回戦計4試合を行った。  初出場の本県第1代表・潟西は、青森市営野球場で若柳(宮城第2)と対戦、延長九回終了後、スペシャルルールの末、3—1で準々決勝に駒を進めた。2年連続出場の本県第2代表・矢島は、青森県総合運動公園野球場で前沢(岩手第1)と戦い、1—8の五回コールドゲームで敗れた。  9日は準々決勝を行い、潟西は山形二(山形第1)と対戦する。  ▽1回戦 潟西 000000000|0¦3|3 若柳 000000000|0¦1|1 (延長九回終了後、スペシャルルール) 矢島 10000|1 前沢 6101×|8 (五回コールドゲーム)
| 秋田さきがけ新聞 | 05:35 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>